新サービス考案中

いよいよ、ニュージーランドの撮影シーズンが到来しました。

それに伴ってロケハンすることも多いのですが、最近、ちょっと家に引きこもって作業していることがあるんです。

何かというのは、まだ書くことはできないんですが、終了したら、ちょいと面白い展開になりそうな予感がすることなんです。

今までの、撮影や取材のコーディネイトとかライティングなんかとは少し違った内容なんですが、これもとっても面白いことで、

かつ、意外と、多くの人が欲しがっているサービスなのかなー、なんて思っています。

準備ができたあかつきには、サービス内容の一つに入れていこうと思っています。

まあ、あまり外に出れなくなってしまいますが、、、

ニュージーランドの草原というロケーション

この国はもともとは木・木・木で覆われていた森でした。

ところが、人間が入ってきて、切って、切って、切って、しまって今の牧場ができあがりました。

そんなわけで、草原はいっぱい。

そんな草原を求めて撮影、ということが結構ありました。

さて、ある企画で草原の一本道、というのがあったのです。

資料をもらってロケハンをして候補地をいくつか選びました。

その甲斐あってか、クルーの渡航前には大体の日程と香盤も固まりはじめました。

ところが、実際にクルーが来て、ロケハンすると次々に候補の場所がNGに。

そこがメインカットだけに、絶対にはずせない。

NGになった理由は、、、 これぞNZということだったんですが、

まあ、それはいいとして、

結局、他のところの撮影からスタートして、同時にロケハン。

ダブルで進行しました。

結局、結局、いい場所が見つかった、というより作りこみました。

が、実物以上にいいできでした。

草原と一本道。

いっぱいあるだけに、かなり難敵です。

| コメント (0)

ニュージーランドのビザ

ニュージーランドに入ってくる時はビザが必要です。

これがまたおもしろい。

おもしろいといっては不謹慎かもしれませんが、本当にいろいろな物語を作ってくれる。

『ビザ・その軌跡』(仮タイトル)という書籍にまとめたいほどである。

ただ、あまりにもプライベートなことなので、残念ながらこの場に書くことはできません。

ただ、必要です。

簡単ですから、取ってきてください。

でないと、私の書籍のネタになります。

様々な物語を生んでくれた空港

Img_0676

| コメント (0)

持ってこない方がいいモノ

ニュージーランドのローケーションをコーディネイトするときに思うことで

こっちに来るときに、持ってこない方がいいモノ もあります。

いわゆる持込禁止のモノなんですが、特に食料品についてはすごく厳しくなっています。

とはいうものの、私たちが日本に行って、こっちに帰ってくるときは、山のように食料品を持ってきますが、

気をつけなければならないのが、生のフルーツとか、種のとか、葉っぱとか

食べ忘れたバナナがカバンにたまたま入っていて罰金を取られたニュージーランド代表(なんの競技かは忘れました)選手がいます。

豆菓子を「これはなんかの種じゃーないか」とネチネチされた人もいます。

飛騨名物「ホオバ味噌」をドライブインで買って持ち込もうとしたら、葉っぱはだめだ、もし持込みたいなら、消毒させろと言われたのは私です。

あと、付き合っている彼女が看護婦さんだったため、薬を山のようにスーツケースに入れてきたのはいいのですが、そこをネチネチ攻められ、ニュージーランドでの国内線に乗り遅れたモデルさんもいました。

次の移動があるとき、その日にスケジュールが入っているとき、

そんなときはあまり特殊なものは持ってこない方が、いいのかもしれません。

じゃないと、

密かに観光を予定している予備日を使うことになってしまいますので。

| コメント (0)

持ってきた方がいいモノ

ニュージーランドのロケーションをコーディネイトするときに思うことで、

こっちに来るときに「持ってきた方がいいモノ」というものがあります。

「よし、ニュージーランドに行くぞ」となったとき、

たいていの人は、どの機材をどれだけ持っていこうか、と考えることでしょう。

飛行機の重量のことなんかも考えてパッキングしてることだと思います。

すると、

どうしても、最初に省かれるのが、消耗備品なんです。

ところが、

この備品類が、意外と曲者なんです。

最悪の場合、機材類はレンタルできます。特に、ここ最近のニュージーランドは「それなりに」種類も揃ってきています。

ところが、

備品類はいまいちなんです。

日本で普通に使っているいつものモノが、こっちでは売ってなかったりします。

もちろん、撮影備品の専門店というのもあるのですが、そこにも置いてなくて。

ずーっと、以前になりますが、あるメーカーに直接問い合わせたところ、メーカー側の人間でさえ、商品名すらしらなかったモノもあります。

モノが何かは言いませんが。(日本では無茶苦茶、普通のモノなんですが)

それに、

多くの人が「欲しいなー」と思うモノは大都市には売っていますが、それ以外の都市には、

それがたとえガイドブックにもちゃんと名前が載るような都市にでも、売っていないコトが多いのです。

なので、

こっちに来るときには、機材だけでなく、消耗備品も、十分に検討した方がいいのではないでしょうか。

| コメント (0)