« 売っていなかった撮影備品 | トップページ | サマータイム到来 »

ニュージーランドの牧場

以前にお世話になった牧場に行った。

中へ入り、少し車で走っていると、向こうから4輪バギーが砂煙と共にやってきた。

そして、ちょっとゴツイおにいちゃんが降りてきて

「なにしてるんだココで」といきなりまくし立ててきた。

お互いに知らない顔である。

「なんで、ここにいる?何しに来たんだ?」云々とものすごい勢いである。

「あのー、○○さんに会いにきたんだけどー」と言うと。

「なに?○○は知ってるのか?」とさらに疑いの様子。

「うん、さっき電話したから。DVD持ってきたんだけど」と私が来た理由を話した。

すると、

「いや、悪かった。実はな」とおにいちゃんは話し始めた。

どうも、つい最近、猟銃を持った中国人3人組が勝手に牧場内に入り、鴨を撃っていたらしく、そのおかげで羊が何頭か犠牲になってしまったそうだ。

警察を呼んで大変だったらしい。

そんな事件があった直後に、見知らぬアジア人が牧場内にいたもんだから、さあ大変。

おにいちゃんはパニックってしまったそうだ。

そこには小さな子供も住んでいる。一歩間違えば、大変なことになっていた可能性もある。怪我をした人が誰もいなかったことは不幸中の幸いである。

すごく、温和な牧場の人たちでも、こういった事件があれば、疑心暗鬼になるのは当然である。

本当に、残念な事件であった。

« 売っていなかった撮影備品 | トップページ | サマータイム到来 »